西野耳鼻咽喉科

レーザ治療



レーザー治療とは
レーザーを鼻の粘膜に照射し,粘膜の凝固・変性をおこし、アレルギーの症状を抑える治療方法です。
1週間程度で、レーザーの効果で鼻の粘膜が小さくなり、鼻の通りがスムーズになります。
鼻づまり(約80%)やくしゃみ(約70%),鼻汁(約60%)とった症状が改善されます。
1か月に1回の治療で、ほとんどの方が3回目までのうちに治療の効果が現れます。

スギ花粉症の方はスギ花粉のシーズン前に治療を完了している必要があります。
具体的には7月から11月までに第1回目のレーザー治療を開始します。
また初年度の効果を持続させるためには翌年は花粉が飛ぶ前に再度レーザー治療(1回のみ)を行うとより効果的です。

なお、花粉症やアレルギー性鼻炎を根本的に治す治療ではないこと、体質によって効果に差がでることをご理解ください。

この様な方にお勧めです。
薬の効果が低い。
薬で眠気などの副作用がでやすい。
鼻づまりなどの症状がつらい。
妊娠中や授乳中で薬が使えない。
仕事や受験で薬を使いたくない。

Q&A
Q どのくらいの時間がかかりますか?
A 日帰りの治療です。完全予約制で全部で60分程度です。
出血や痛みは、ほとんどありません。

Q 費用はどれくらいですか?
A 健康保険が適応されます。手術料のみで1回につき約9,000円(3割負担の方)です。

Q 鼻の機能に悪影響が出ませんか?
A 嗅覚などが悪なることはありません。

Q 治療は何回行うのですか?
A 効果が得られるまで2〜3回程度行います。それでも効果が得られない方は、他の治療に切り替えます。

レーザー治療の流れ



最初に、通常の診察を受けていただき、レーザー治療の効果が期待できるかを判定いたします。
状態によって、レーザー治療をお断りすることもありますのでご了承ください。

レーザー治療は、まず麻酔薬をつけた綿棒を鼻にいれて麻酔します(5分)。
さらに、麻酔薬をつけたガーゼを鼻にいれて麻酔します(15〜30分)。
レーザーを鼻腔内に照射します(10分)。

歯科治療の麻酔で気分が悪くなられたことのある方は事前にお申し出ください。